検索
  • Kazuaki Arita

【生殺与奪の剣を他人に握らせるな】

こんばんは。

今日は、東京から新大阪までの移動中に久しぶりにYouTubeをみてました。

見た動画は【鬼滅の刃】です!!!!

今日は、一言ピックアップして取り上げます。

富岡義勇が主人公の丹次郎に言った言葉です。

【生殺与奪の剣を他人に握らせるな】 「惨めったらしくうずくまるのはやめろ!! そんなことが通用するならお前の家族は殺されてない」

「奪うか奪われるかの時に主導権を握れない弱者が 妹を治す? 仇を見つける?」

「笑止千万!!」 「弱者には何の権利も選択肢もない 悉く力で強者にねじ伏せられるのみ!!」

「妹を治す方法は鬼なら知っているかもしれない だが 鬼共がお前の意志や願いを尊重してくれると思うなよ」

「当然 俺もお前を尊重しない それが現実だ」

「なぜ さっきお前は妹に覆い被さった あんなことで守ったつもりか!?」

「なぜ斧を振らなかった なぜ俺に背中を見せた!! そのしくじりで妹を取られている」

「お前ごと妹を串刺しにしても良かったんだぞ」

ここのシーンだけでもぜひ見てください!!!!

文字起こしして読むだけでも鳥肌です。。。

このシーンでの、気づきはまずは自分自身が力をつけないと、誰も守れない。

家族を守る、仲間を守る、誰かを豊かにするにも自分が豊かになるしかない。

溺れてる人を助けるにも、まずは自分が泳げるようにならないと助けられない。

圧倒的に力をつけて、仲間と共に勝ち続ける人生にします!!!!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示